【サイバーメトリクス入門】OPSとは何かを考察する

こんな方に読んでいただきたい
  • OPSって何?
  • OPSはもっとも優れた打者指標なの?
みぃ
みぃ

OPSって聞いたことあるけど。。

ばう
ばう

最近よく見るよね。知っておくと野球がもっと面白くなるよ!

1.OPSって何?

OPSって単語、野球ファンなら見たことあると思います。それくらい浸透してきましたね。

でも実際にどう算出するのか・どういう意味があるのか知っていますか?

ここではOPSの全てを解説します!

①OPS(オプス・オーピーエス)=On-base plus slugging

On-base plus sluggingの意味
  • On-base(persentage):出塁率
  • slugging(persentage):長打率

つまりOPSとは、

出塁率 + 長打率

で導き出せます。

では出塁率と長打率とは何か、見ていきましょう。

②出塁率と長打率

出塁率

安打+四死球) 

÷ 

打数+四死球+犠飛

ざっくり言えば

「どれだけ出塁できたか(打者がアウトにならない確率)」

ということになります。安打も四死球も塁に出たということでは一緒なので、安打も四死球も一緒くたにして1としてカウントし、どれだけ塁に出たかを数値化しています。

ちなみにプロ野球の出塁率の平均は0.325ほどです。

0.400を越えれば超一流の打者と言われています。

歴代際高出塁率ランキングがNPB公式で公表されているので参考までにリンクを貼っておきます。

こうして見ると歴代の強打者が並んでいます。

ヒットだけではなく、ピッチャーが警戒することで四死球が増えることが出塁率を押し上げる要因となります。

ばう
ばう

出塁率が高い人はよく選球眼がいいと言われるのは四球も出塁率に含まれるからだね。

長打率

塁打数 ÷ 打数

一方長打率は

「1打数でどれだけの塁に進んだか」

ということになります。

ここで塁打数について補足します。

1塁打:1(四死球は含まない) 2塁打:2 3塁打:3 本塁打:4

として足していった合計が塁打数となります。

例えば選手Aが安打を130本打ち、

1塁打:80 2塁打:20 3塁打:5 本塁打:25

という安打の内訳であれば

塁打数=80×1+20×2+5×3+25×4=235

ということになります。

これを打数で割ったもの、すなわち1打数あたりの塁打数の平均がその打者の長打率となります。

ちなみにプロ野球の長打率の平均は0.380ほどで、

0.600を越えれば超一流の打者と言われています。

こちらも歴代最高長打率ランキングがNPB公式で公表されているのでリンクを貼っておきます。

みぃ
みぃ

王さん無双ww

ばう
ばう

長打率はもちろん本塁打が多い強打者の数字が大きくなるね!

③よし出塁率と長打率を足してみよう

突然ですが打者の価値とはなんでしょう。どのような打者が価値のある打者なのでしょうか。

それは、

いかに得点を生み出せるか

です。つまり得点に絡む働きができる打者に価値があり、それを数値化出来れば客観的に打者の評価をすることができます。

みぃ<br>
みぃ

そりゃ得点できなければ勝てないもんね。

一番馴染みのある打者評価は「打率」ですが、打率には四死球が含まれないためその打者が得点にどれだけ絡んだかの指標としては弱いです。

そのためどれだけ塁に出れたか(出塁率)が得点に結びつく一つの指標となります。

しかし、塁に出るだけが打者の価値ではありません。

いかに塁を進めることができるか(長打率)も大事な打者の価値です。

で、、、この二つ足しちゃえばいいんじゃね?って足しちゃったのがOPSですw

みぃ
みぃ

あれ足しちゃうんだ・・

指標としてただ足せば良いというのは非常にわかりやすいですね。

また優れた出塁率と長打率を足すとちょうど1を超えます。

出塁率(0.4000)+長打率(0.600)=1,000

このわかりやすさと得点との相関の高さが指標として受け入れられた理由と思われます。

OPSまとめ
  • 打者の価値=いかに得点に絡む働きができるか
  • 得点との相関が高い指標:出塁率と長打率
  • 得点相関の高い数値を足せばより得点相関の高い数値となる=OPS
  • OPS=1.000以上で超一流打者

2.OPSに欠点はないの?

ここまでOPSの出し方について触れてきました。

OPSは非常に得点との相関が高い数値であることがわかったと思います。

ではOPSだけで打者の全てが評価できるのか。

そんなことはないと僕は思っています。

ここでは僕なりのOPSの欠点について考察します。

①【欠点1】盗塁が加味されていない

OPSを求めるために必要な出塁率、長打率共に盗塁については考慮されていません。

しかし盗塁は非常に得点に繋がる行為です。

打者が1塁にいるより2塁にいた方が得点が入る可能性は高く、またダブルプレーになる可能性も少なくなります。

みぃ
みぃ

というか得点に繋がらなきゃあんなリスク追えないよね。。

例えば非常に出塁率と盗塁技術はあるが単打ばかりの1番打者Aと、出塁率はAと同等、盗塁技術はないが2塁打ばかりの1番打者Bがいるとします。

打者A打者B
打数300300
安打数100(全て1塁打)100(全て2塁打)
四死球00
盗塁数1000
出塁率0.3330.333
長打率0.3330.666
OPS0.6660.999

とても極端な例ですが、どちらも安打すれば必ず2塁に到達する打者ということになります。

にも関わらずOPSは盗塁数を加味していないため差が出てしまいます。

盗塁を無視した指標であることは指標として重大な欠点となり得ます。

補足

ただし実際には盗塁数が期待できる選手は足が速いと考えられ、結果として2塁打・3塁打が多くなると思われるため長打率も上がる=OPSが上がるとも言えるため、足が速いことが全く考慮されていないわけではありません。ここでは単純に盗塁技術が考慮されていないという考察に留めるべきと思います。

みぃ
みぃ

スポーツを数字で観るのってムズカシイ。。

②四球が重視されすぎ?

出塁率は四球が増えれば高くなるのは自明と思います。

長打率は一見四球数は含まれていないように見えますが、分母の打数は打席数から四球数などを引いたものです。つまり四球が多ければその分打数は少なくなるため、長打率は上がるのです。

四球が増えれば出塁率も長打率も上がるとなればダブルカウントされている印象になります。

つまりOPSにおいて四球は実際の価値以上に過大評価されている可能性があります。

③出塁率に比べて長打率が重視されている

出塁率と長打率は単純に足し算で足されたものです。

しかし前出した出塁率と長打率の平均(それぞれ0.325、0.380)を見ると長打率の方が数字が大きいため、長打率の方がOPSに対しての影響は大きいと考えられます。

そのためいくら出塁率が高くともホームランを打てない打者は総じてOPSは伸びず、対して出塁率が低くともホームランを量産できる選手はOPSが伸びます。

さらに言えばホームランを打てる打者はピッチャーも慎重になるため四球数が増え、出塁率も上がる傾向があります。

つまり結局のところ、パワーヒッターに優遇された指標と言えます。

④OPSだけでは打者のタイプがわからない

例えば、

打率:0.300 出塁率:0.450 長打率:0,400の選手A

打率:0.200 出塁率:0.250 長打率:0.600の選手B

がいた場合、2人の選手のOPSは同じ0.850ですが打者の特徴は異なると思われます。

そのためOPSだけでは出塁に長けた選手なのか長打に期待できる選手なのか、

読み解けないことになります。

⑤欠点まとめ

このように素人目で見てもOPSには欠点があります。

OPSの欠点を見ていると、一つ気づくことがありませんか?

盗塁や走塁など小技などより長打率重視。

そう、OPSは元々MLBの指標です。そのためMLBに適した指標なのです。

MLBとNPBではその試合展開が異なります。MLBは力と力の勝負。NPBは技と技の勝負といったところでしょうか。そのため少なくともNPBにおいてはOPSだけでその選手の価値を図る事は適切ではないのではないかというのが僕の考えです。

みぃ
みぃ

OPS敗れたり!

ばう
ばう

いやOPSはわかりやすい素晴らしい指標だよ。ただそれだけに傾倒しても全ての選手の価値を図る事はできないよねという事!

3.まとめ

以上、ここまでOPSについて語ってきました。

OPSは非常にわかりやすい指標で日本でもお馴染みとなってきました。またOPSが高ければ得点の期待度は上がるため打者の評価に十分使えるものです。ただOPS単体では打者タイプまでは測れず、日本に多い足の速い巧打タイプはOPSだけではその価値が見出せない可能性があるため注意が必要です。

サイバーメトリクスにおいて全知全能な指標はないと思っています、せっかくOPSでサイバーメトリクスに興味を持ったのであれば他の数値についても興味を持って見るとまた違った野球の楽しみ方が出てくるのではないでしょうか。

ばう
ばう

サイバーメトリクスで野球を分解していくと好きな打者の新たな一面がわかるかも♪

みぃ
みぃ

もちろん純粋に観て楽しむことも忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました